廃車でお困りのことを解決する「廃車MASTERブログ」

2019年07月28日

壊れた自動車でも部品には価値がある

運転ができる状態ではないため、処分するしかない自動車を持っているのなら、部品がお金にならないか調べてみましょう。水没車や事故車など、廃車にするような状態のものを専門に買取ってくれる業者があるので、そちらに頼めば、お金に換えられるかもしれません。普通ならば、廃車にするのにはお金を払いますが、もらえるようになるので、かなりの得になるでしょう。なお、運転できる状態ではない自動車を査定してもらうには、業者まで持っていくか、スタッフにきてもらうしかありません。

2019年06月17日

業者によって支払わないといけない廃車費用に異なり

廃車しなくてはいけない車が存在している場合、業者に依頼することで手続きをしてもらうことが可能です。ただし業者に依頼する際、定められているお金を支払わなくてはいけません。この費用なのですが業者によって大きな違いが発生しており、リーズナブルなお金で手続きを行ってくれる業者が存在しています。ただし業者の中には、高額なお金を支払わないと対応してもらえない業者もあるので、注意しなくてはいけません。どのくらいのお金が必要になってくるのか事前に問い合わせをすれば、教えてもらえることがほとんどです。

2019年05月16日

廃車と税金の関係性はどうなっているのか

事故等を起こしてしまい動かなくなった愛車を廃車にする際には、自動車重量税が還付されるということをご存知でしょうか。この自動車重量税は、2年ないし3年まとめて支払うため、次の車検前にこの手続きをおこなうと車検切れまでの期間が税金の過払いの状態になるため、還付金として返還対象になるという仕組みになります。こうした関係性になることから税金が返ってくることになり、これを知っていると知らないとでは大きく違ってきます。

2019年04月01日

廃車の高額査定を勝ち取るための対策

廃車は価値がない、査定を受けても値段がつかないと考えている方が少なくありませんが、価値のないクルマは存在しないです。たとえ水没したり故障したりして動かない状態であっても、一定の価値と需要が存在しています。動かすことができない状態でもパーツ車両としては活用できますので、価値がゼロになることはないわけです。つまり自分が売りたい廃車は価値がないと決め付けてしまうことが、無料または格安で手放すことにつながります。

2019年03月29日

廃車をするには専門会社に依頼しよう

自分で廃車をしたいけど手続きが面倒、なるべく費用をかけたくない、という方には専門の廃車買取業者に依頼する方法をおすすめします。不動車や水没車などは価値がないと思うかもしれませんが、実は思いのほか高く売れるケースがあります。走行可能な中古車に値がつくのは誰もが知っていますが、不動車であっても価値があると考えて間違いありません。どのような車両であってもパーツ車両としては機能するため、無価値になることはないわけです。

Archive